加齢が原因かもしれないが

よく行く銭湯には、大勢の年寄りがいるのだが、

図書館の本を又貸ししてるという爺さんがいる。

自分の友人や知人に代わって借りてきた本を又貸してるそうだが

紛失とか汚損とか心配ではないのかと思ってしまう。

爺さんの自宅近くには大きな中央図書館があるそうです。

蔵書数は日本でも有数とのこと。



借りたい人はネット検索のカーリルで図書館の蔵書をチェックして

爺さんに代わりに借りて来てもらうらしい。

ぼくは「やめといたほうがいいですって、だいたい又貸しなんてルール違反でしょう。

本を無くされたらどうするんですか? 弁償ですよ」と言ったのだが

「え?大丈夫でしょ」と能天気な返答だった。

あと、この爺さんは浴室に置いてある風呂屋のシャンプーやボディソープを

持参したボトルに詰めて持って帰るのです。

きっと、自宅の風呂で使うのでしょうね。

その爺さんとは違うんだけど、

きのうスーパーで試食のオレンジを次から次へと食べまくる

ご老体がいたんだけど、こういうのもどうなっちゃったんだろうなと・・・

青果担当者の中年女性がすっ飛んで来て

「あれあれ、ご主人そんなに食べちゃったら、

ほかのお客さん食べらんなくなっちゃうでしょう」と

ちょっと滑稽な感じで諫めてたっけ。

店は昼過ぎということもあって、そんなに混んではいなかった。

爺さんは奥さんと来てたらしく、買い物カートを押した夫人が

どこかの売り場からやってきて

「もう、なんでそんな口の周りにびちゃびちゃしちゃって」

とかなんとか言って呆れてたな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする