おおっぴらにできないセールス内容

おれは、いまセールスマンをやっている。

なんの変哲もないスーツを着て、商品の資料を入れたアタッシュケースを持ち、

ピカピカに磨いた靴のかかとをすり減らし、おれはきょうもインターホンを鳴らしつづけた。

一日に何十件とまわっても、話を聞いてくれる家はほんの数件しかない。

労力のわりに成果のでない仕事といえた。

これだけインターネットが発達した世の中なのだから、

もっとうまくセールスができるんじゃないかと思うのだが、

おれのあつかっている商品は、ネット上に掲載しても信用されない性質のものなのだ。

復讐代行なるものがネットではみられるが、そのほとんどが詐欺だといわれている。

前金を受け取ったらそれまで、あとは知らん顔なのが手口だ。

依頼者だって、まさか警察に被害なんて出しにくい。

おれの場合は顔見せをする。

おれ本人がまず飛び込みで訪問する。「わたしが嫌がらせをします」と言うわけではないが、

職務は必ず遂行するという姿勢を見ていただくのだ。

ちゃんとした髪型で、ちゃんとした服装など、もちろん言葉遣いも大事だ。

初対面では資料を渡して早々と辞去する。

資料といっても、いかにも反社会的で違法な文言が書かれているものではない。

これが信用されるための第一歩。

そして、後日また訪問して本題に入りだすというのが筋書きなのだ。

「この前、あんたが帰ってから思い出したんだけど、どこかの犬が散歩の途中で

そこの門扉に小便をひっかけていくんだよ」と

かなりご高齢のご主人は、玄関からサンダル履きで出てきてその場所を示してくれた。

「では、その飼い主と犬とどちらか、あるいはその両方に制裁をくわえましょうか?」

「そうしてもらると、スカッとするだろうけど・・・」

「なにか気になる点でも?」

「もし料金をあなたに払わなかった場合なんだけど・・・」

「まあ、そのときは、それなりの代価をいずれ支払うことになると思いますが」

「そうそれが、怖くてね・・・また払ったとしても、

そんな取引をした事実は残るわけだし、そんなものは精神的に落ちつかない」

年配の見込み客は顔をしかめながら、ひとり言のように話してくれた。

おれとしても、相手からの依頼がなければ仕事にかかれない。

きょうのところは引き上げるとしようか、無理強いはいけない、そんなことをして

警察にでも通報されたら、めんどうではないか。

きょうも一件も成約が取れなかったか――でもまあ仕方がない。

あたりには夕闇が迫っていた。

この季節は日が暮れると急に気温が下がってうすら寒くなる。

五月になれば――新年度が落ち着き人間関係がわかってくれば、

新たなる依頼は、うなぎのぼりのはずだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする