パラレルワールドの元旦

 

パラレルワールド、2019年 1月1日の日本

ナベ首相の自宅の書斎に小さな男の子があらわれた。

デスクトップパソコンでYouTubeやニコニコ動画を

熱心に視聴していたナベ首相は、なにかの気配を感じてふり向いた。

ナベ首相はとくに驚かない、正月のあいさつに来た人が連れた

こどもであろうと思ったからである。

経済大国の首相ともなれば盆暮れ正月、自宅も官邸も関係ない。

ひっきりなしに各所から人がたずねてくるのだ。

経済大国の首相がYouTubeやニコニコ動画なんか観るわけがない。

との、お叱りを受けるかもしれないが、観ているのである。

もっぱらのお気に入りは、著名なコスプレイヤーを筆頭に

無名なミリオタや食べ歩きのチャンネル。

彼はいまプライベートな時間であり、こればかりは仕方がないのだ。

こどもといっても、なにか特別な印象をうけた。

まず服装である、服とよべるのかもよくわからない。

薄手な生地でできているのか。いやらしいくらい

からだにフィットした全身タイツのような代物なのだ。

「おいおい、そんな恰好じゃ寒いんじゃない?」と笑いながら

ナベ首相は、そこのストーブにあたりなよ。

とでも言いたげにストーブのほうを見た。

お正月である。いくらパラレルワールドとはいえ

気温に関しては寒いと相場が決まっているのだ。

ナベ首相には、こだわりがあった。

それは、

“ ストーブはやっぱり石油にかぎる ” というもの。

こどもは石油ストーブのほうへ近よりなら、はっきり

「わたしは2070年から来たものです」と、

“ 言った ”

正確には音声で発したわけではなく、

ナベ首相の脳内の言語野に直接入力したのだ。

ナベ首相は頭の中で、そうだろう直感したが、

すぐに打ち消し、ふつうに考えようと思いなおした。

「まあ、ちょっと寒いけどさぁ、空気の入れ替えをしよっか~」

じぶんでも意外なくらい、つとめてお道化た調子を演じたナベ首相は、

窓を開けながら、整然とガーデニングされた庭の花たちに気がつく。

「ほぅ、こんな寒さのなかでもあんなに可憐に咲きほこっているとは・・・」

いずれも和恵夫人が丹精こめて育てた花たちである。

凛とした身を切るような空気に包まれ、伸びをしながら深呼吸する。

あーっ、気持ちいいな。やっぱり日本に生まれてよかったよ。

「 大日本帝國バンザ~イ!! 」

思わず小さく叫んでしまった。

塀のそとからカメラなどの機材を携え日夜張りこんでいる

マスコミ関係者たちがいっせいにこちらを見る。

「 あけましておめでとう! みなさんごくろうさまです!! 」

そう言ってから笑顔で大きく手をふり、取りつくろう。

ふりかえると、こどもはまだいた。

・・・しばし、見つめ合う。

ふぅ、妙だな、ストーブの一酸化炭素のせいか、連日の疲れだろうか――。

そのこどもは、こどもらしくない雰囲気をかもしだしていた。

目つきは利発な印象とともに、殺し屋のような油断のなさがある。

石油ストーブの上にのせられたヤカンは、いつのまにか、ひっきりなしに、

タンタン、ごりりィ、ジン・・じんじん、などとつぶやいている。

数年前に隣国の南北は統一をはたしていた。

それからというもの隣国は軍事面に力をいれだし、

日本にとっては、それまで以上にやっかいな存在へと発展していたのだった。

ナベ首相はそのことで頭が痛かった。

そこへ、この妙なこどもの出現である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする