ピアノ忘れる

やった~完成だな♪

急にしらけてモチベーションが下がったり。

毎日2時間くらいかけて1曲を仕上げるのにだいたい1か月かかったとします。

もちろん完成してからも手に馴染むまで何回も何十回も弾く。

でも、ぼくの場合しばらくその曲を弾かないと忘れちゃうんだよね。

ちょっとつかえると、そこからグダグダと液状化現象がおきて土石流みたいに崩落して行く。

もうただでさえ下手なのに、もうどうしようもないほどの

デタラメになってしまう。指が覚えてない、次の動きが出てこない。

音の感じはなんとなく覚えてても和音の場合

たとえば両手で「ジャーン」と7個の音を同時に弾くときとか、どれか指1本でも間違うと

とんでもなく嫌なサウンドがして音楽にならないことが多い。

でも逆に「あれ?なんか違うんだけど・・・この音いいね!」という場合もたまにあったりするからおもしろい。

親指、人差し指、中指、薬指、小指が左右あわせて10本ある。

忘れてしまってもすぐに音源を聴いたり譜面を見て確認はしない。

まずは、それぞれの指をあれやこれや組み合わせ鍵盤を押してみる。

これか?「ジャーン」これじゃないな。んじゃこうか「ジャーン」

こうでもない・・・。こんな作業を何回も何十回も繰り返してると、

やがて頭の中で鳴ってたオリジナルがどうだったかさえ忘れてしまう。

あまり使わないログインパスワードを忘れてしまいあれこれと半角英数を試していたら

いつも使ってる重要なパスワードも忘れてしまったような感じ。

大袈裟じゃなく“慄然”とするんですね。

とてもストレスを感じているんだなと実感します。

あるコンサートピアニストの場合など

人前で弾くまでに1曲につき1500回は練習する

という記事をなんかの雑誌だか本で読んだことがあって、

やっぱさぁ、プロはそのくらい練習するんだなぁ、すげぇなぁ、と

驚いて感心しつつ呆れながらも自分には無理っぽいと絶望して、で、

素人で何十回程度の練習をしただけじゃすぐに忘れてしまっても

当たり前だよなと。所詮は付け焼刃なんだよなと。

安心して納得するとともに

急にしらけてモチベーションが下がったり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする