プレゼントを断る

おれの場合は、プレゼントは基本的にもらわないと決めている。

誕生日プレゼントはもちろんのこと、バレンタインデーのチョコや旅行のお土産なども

最初の一回は仕方ないにしても、二回目以降はいらないと相手に伝えます。

大人になって誕生日のプレゼントをくれる人というのは、かなり限定されるし

おおかた親密な関係であることが多いので、断りやすいかもしれない。



問題はバレンタインデーと旅行である。

バレンタインデーなどは、毎年10個くらいチョコをもらう――

安心してほしいのは、もちろんこれらは、すべて義理チョコだということ。

「これは、だいたい500円くらいかな・・・」

「うーむ、ちょっと高そうだな、1,500円はするかも・・・」

そんな、鑑定というのか値踏みをするのが、じつに面倒臭いのだ。

おまけに、一か月後のホワイトデーには3倍くらいの値段のお菓子・・・

このお菓子も何でも良いというものではないのが困るのだが、

これを相手に償還しなければならない。

1,000円のチョコを10個もらったら

3倍返しなので、30,000円の出費になってしまうのだ。

ほしくもない物をもらって、

毎年毎年30,000円も出費するのはどう考えてもおかしい。

相手の女性だって、渡したくて渡しているわけではない。

菓子製造メーカーと小売業者が作り出したシステムに

のらされているだけなのだ。

なんとも、ばかげているじゃないか。

だから、おれはホワイトデー当日は直接相手の女性に面と向かって

「まことに恐縮ですが、とても費用がかさみますため、

もう来年からはチョコはいりませんので、よろしくお願いいたします」と

深々と頭を下げるのであった。あははは。

相手の女性も、まさかそんな……といった、驚愕の表情を浮かべる人や

なるほど確かに、と笑顔で了承する方など、千差万別の反応を示すのが面白く

人生経験の収穫である。

旅行のお土産も煩わしい・・・おれは、あまり旅行に行かないので、

旅行好きな方からもらいっぱなしになる傾向があるため注意が必要なのだ。

世界各国のお菓子をもらうことが多いのだが、

ほとんどのお菓子というものは、日本製に優るものはないと断言できる。

日本製の菓子のコストパフォーマンスには、やはり驚かされるものだ。

だから後日、ドラッグストアなどで安い菓子を大量に買い込んで、

お土産をくれた相手に押し付けたりする。

逆に海外行くときに日本のお菓子を持って行くと

現地の人たちに喜ばれるみたいですね。

コアラのマーチ、きのこの山、たけのこの里などは大人気らしいですが、

こんな100円代で買えるもので感心されるんだから、

日本はやっぱり良い国なんだな。

遠い異国の人たちも、お土産のお返しのことで気を煩わせることがあるのだろうか・・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする