成功を求め続けても・・・

地味だけど充実して楽しく生きるのが上手な人には

見ていると、

ふたつのコツがあるように思えます。

ひとつはちゃんと挨拶をしていること、

もうひとつは認められたいという欲を手放していることです。

地味で目立たない人は標的になりにくい。

だから、自分にとって不必要な人に会ったら、なにも印象に残ることなく、

すぐその人の記憶から消えてしまうのが、いちばん理想的。

だいたいにおいて、押しが強くて欲張りな人は、

一瞬だけ輝く流れ星のようではあるけれど

やがて太陽のような権力者を取り巻く人たちに

疎まれ消えてしまうという例を、みなさんもよく御存知でしょう。

地味であることのメリットは、ひそかに繁栄できるということですね。

だれかに注目されているような気がしたら注意信号。

出る杭は打たれるといいますけど、

早晩、コミュニケーションを装った嫌がらせが始まったりします。

それは「うまくみんなを出し抜いてる」という雰囲気が

周囲に伝わってるからでしょうね。

嫉妬心や敵愾心をかき立ててしまうのです。

まかりまちがっても

人一倍、一生懸命仕事に取り組んで成果を出そうなどしてはいけません。

蹴落としたり・・・

足を引っ張ったり――

横やりを入れてくる輩、、、というのはどこにでもいるものですから。

ぼくらが「成功」というときは、ときどき曖昧な意味で使うことがあります。

というのは、成功と幸福とはある条件では相反するからです。

必ずしも成功=幸福ではないのですね。

成功した支配者は、自分たちが作り出した世界で、

金や魅力的な異性、地位や名声を

最大限に利用したり、たくさん所有することを成功の証として

知らぬ間に意識のなかに植え付けてきます。

だから、ぼくらは無闇やたらとそれらを追い求め

享受することこそが成功だと考えがちですね。

そして、際限なくその成功を求める人が行きつく究極は

人々の心を操る支配者なのですが・・・。

それにしても成功とは同じようなレベルの能力を持ちながらも

上手くいく人と、上手くいかない人がいるもので

じつはセミナーに参加したり書籍を読み漁ったりしても

そう簡単に目標が実現できるほど単純なことではないのは、

みなさんもよく知っておいでのことでしょう。

いまあなたは成功を目指すことに疲れてしまった。

これまでの努力が間違っているんじゃないかと疑念を抱きはじめた。

間違った努力を続けたという代償を払って、

いままでの自分の失敗を理解したのです。

自分の目標が叶わないのは、あなたのせいではない。

運の悪いことに、

だれも「ああいうコンサルに関わってはいけないよ」と教えてはくれなかった。

成功を目指すことに疲れたときは、虚心坦懐、しばらくの期間は頭を冷やす。

成功を目指すことに疲れたときは、やりかたを見直してみる。

成功を目指すことに疲れたときは、じつはすでに成功している場合もあったりする。

自分で自分にとって成功とは、いったい何なのかと問い直してみる必要がある。

当初打ち立てた目標をいつの間にか達成していることもあります。

これを達成したら次、あれを達成したら次は・・・と、

一度はずみのついた大車輪は次つぎに目標を設定して回りだしますが、

終わりは見えてこないでしょう。

永遠に満足できない人のままです。

死ぬまで夢追い人――

それで幸せならいいのですが。

成功している人であっても、破産や貯金ゼロ、年金破綻の問題は、

他人事ではないと感じていることでしょう。

もし自分がそうなってしまったら、

想像するだけでも恐ろしいですが

経済的損失だけでなく精神的にも肉体的にも負担が強いられ、

相当につらい思いをするはずです。

将来、それらの心配をせず

充実した生活を送るようにするにはどうしたらよいか。

残念ながら人生には、こうすれば絶対に大丈夫という方法はないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする