中古車を頻繁に買い替える人

おれの勤めている会社は郊外にあり

車通勤をしている人も多いのだが、その中で目立つ人がいる。

草野さんは40代独身なのだが、車をちょいちょい乗り替えるのだ。

無類の車好きというわけではなく、気分を変えたい、新鮮な気持ちでいたい、

そんな理由で、車を買い替えるとのことだ。

頻度としては季節ごと、春には春にふさわしい車があり、

夏には夏にふさわしい車があるのだそうだ。

冬はやっぱり雪に備えて四輪駆動車にしてしまう。

どの車も値段は年収のだいたい十分の一以下で選ぶようだ。

たぶん草野さんは年収600万くらいなので50万円くらいが上限の予算だろう。

それまでに乗ってた車も下取りに出すので、けっこういい車が手に入るそうだ。

車種にもよると思うけど、草野さん曰く新車価格が500万くらいするものも、

20年落ちでもきれいなものは40万くらいだったりするので、

そういうのを12台乗ったほうが楽しめるという話だった。



行きつけの中古車屋が何軒かあり、そこに予算を伝えてあるので

出物があればその都度メールでお知らせが来るのだそうです。

変わってる車だと昔のアメ車に乗ってた時もあった。

デカかったな、横幅が広いから立体駐車場には入らないとか言ってたっけ。

走るぶんには問題ないけど外装にキズやヘコミがあるため

格安だったといって買ったみたいだけど、

燃費がいかんせん悪くリッター3キロくらいしか走らないとボヤいていた。

まあ、それも季節が終わるとともに別な車に乗り替えられてしまったのだが。

夏にはキャンプに行くと言ってワンボックスに乗ってたな。

けっきょくキャンプには行かずじまいだったらしく、

ほぼ会社と自宅と買い物の普段使いで、買い替えられていった。

ほぼ4~50万円の価格ということだが、パッと見て

古臭くて安い車だとは思わない。

むしろ何百万円もする新車を購入して何年も乗り継いでるほうが

見すぼらしい場合もあったりするのだから、わからないものだ。

そう考えると、新車を買うって意味があるのか?

といったことが頭をよぎります。

もちろん新車を買う人がいなくなると困るわけですが、

新車を買うメリットって何だろう?

誰のものにもなったことのない処女性というものに価値を見出す人なら

それもありだけど、ほかに何かメリットってあるのかな?

新車で500万円だったとしても、5年後に買い取ってもらう時は250万円くらいに

なってしまう。あと1万キロ走るごとに5万円ずつ価格が下がるというので、

そうすると、1年で1万キロ走ったとして5年だと25万円引だから、225万円か。

つまり、1年で45万円……これは、おれの考えだけど

とくにこだわりがなければ、

45万円の中古を買って何年も乗り続けたほうがいいかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする